横浜市 神奈川区 新子安 高血圧 わたなべクリニック

top

高血圧

血圧とは

心臓から送り出された血液が血管の中を通るときの、血管にかかる圧力が「血圧」です。
血圧は、心臓の送り出す血液量、動脈壁の弾力性、末梢血管の抵抗などによって決まります。

日常の動作、時間、環境などの影響を受けて常に変動するので、運動や食事、喫煙、飲酒、緊張や興奮、寒冷などでは高くなり、安静、温暖などでは低くなります。
健康な人のからだでは、血圧は様々な環境や要因に対して適切に保たれるように調節されています。

高血圧の具体的な診断基準ですが、世界保健機関(WHO)、日本高血圧学会などの基準で、最高血圧が140mmHg以上であるか、または最低血圧が90mmHg以上であることが高血圧とされています。

高血圧の症状は?

高血圧の自覚症状はほとんどないため、定期的に血圧を測っていないと、高血圧を発見することは難しいといえます。
そのためにも定期的な健康診断がとても重要です。
また、定期健診で高血圧を早期に発見できても、自覚症状がないからと放置してしまうと、動脈硬化を引き起こして、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)そして脳卒中などの発作を起こしてしまうこともあります。

高血圧と合併症

高血圧になると、血管に常に通常以上の圧力がかかるため、血管壁が厚くなり弾力性が失われ、内壁にコレステロールが沈着して動脈硬化が進みます。動脈硬化は高血圧を加速し、その結果さらに動脈硬化が進むという悪循環となります。
高血圧は様々な合併症を引き起こしてしまうおそれがありますので、日頃から血圧の管理を行い合併症を予防することが大切です。

合併症の種類

  • 心血管障害 心肥大、心不全、狭心症、心筋梗塞 など
  • 脳血管障害 脳出血、脳梗塞、クモ膜下出血 など
  • 肝機能障害 腎硬化症、腎不全 など
  • 血管障害 大動脈瘤 など

高血圧の治療法

治療には薬物療法と非薬物療法がありますが、生活習慣を改善することが大切です。

薬物療法

医師や栄養士の指導の下に生活改善を行っても血圧が下がらない、または上ってしまう場合に降圧剤を服用します。医師の指示にしたがって治療を続けてください。

非薬物療法

日常生活の中で血圧を上げる原因となる生活習慣を改善する治療法です。

塩分摂取制限

塩分をとりすぎると血液中の水分が増加し血圧が上がります。摂取量を1日6g以下にします。

肥満の防止

肥満は血圧を上昇させます。適正体重、BMIで25を超えないようにします。

禁煙

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ血液を流れにくくします。

アルコールを控える

多量のアルコールは血圧を高くします。

ストレスの軽減

精神的な緊張は交感神経を刺激して血圧を上げます。

※初診の方は事前にご記入の上ご持参いただくと、受付時間が短縮になります。

※おくすり手帳も一緒にお持ちください。

診療のご案内
  • 内科
  • 循環器内科
  • 生活習慣病外来
  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • 痛風
  • 皮膚科
  • 心療内科
  • 消化器内科
  • 胃カメラ検査
  • 漢方外来
  • 禁煙外来
  • 健康診断
  • 予防接種
  • 在宅医療